ぼてこ勝川店

熊谷市の歴史を探る

さまざまに変化を遂げてきた熊谷市ですが、第2次世界大戦からの復興を果たし、順調に進化を続けていきます。

 

1933年に熊谷市となり、2005年に旧熊谷市と大里郡妻沼町、大里町が合併して現在の熊谷市になりました。そして、2007年に大里郡江南町も熊谷市に加わります。さまざまな地域の編入や交通機関の発展により、人口もどんどん増加し、埼玉県の大都市として知られる川越市に次いで2番目に人口の多い都市となっています。現在では20万人を超える大都市で、特例市だけでなく業務核都市や景観行政団体、特定行政庁にも指定されています。

 

1969年には、熊谷市の河原町と村岡の間に荒川を渡る新荒川大橋が開通しました。1982年には上越新幹線の熊谷駅が開業し、新幹線開通により、さらにたくさんの観光客が訪れるようになりました。1988年にはさいたま博覧会が開催され、閉幕後には熊谷スポーツ文化公園として使われています。陸上競技場やゴルフ場、ジョギングコースなどのスポーツ施設があり、さまざまなイベントが開催されています。

 

1990年には、市の花にも選ばれている桜をメインとした熊谷桜堤がさくら名所100選に選ばれました。その他にも1991年からは熊谷さくらマラソンが開催されるなど、桜を主役にしたイベントもたくさん開催されています。2009年には特例市に指定され、埼玉県内でも重要な役割を果たす地域になりました。

 

また、1993年にニュージーランドのインバーカーギル市と姉妹都市提携を結んだことでも注目を浴びています。


熊谷市のお祭り

熊谷市にある江南地区では、熊谷市ホタルの保護に関する条例が定められており、ホタルの生息地域を良好な環境に保つために保全運動を行っています。そのため、江南地区では地区内のあちこちでホタルを見ることができます。こうなんホタル祭りは、ホタルをゆったりと観賞できるよう約1.4kmに渡る観賞路を設けるなどして開催されています。ホタルは豊かな自然がなければ生息することができず、大都市ではその観賞が難しいので、江南地区は貴重なホタル観賞地区と言えるでしょう。

 

熊谷市の高城神社では、鳥居に約4メートルほどもある大きな茅の輪が作られます。その輪をくぐり、穢れを清めて厄を払い落とすという、胎内くぐりと呼ばれる行事が開催されます。周辺には露店も出てお祭りの雰囲気を存分に味わえ、多くの市民でにぎわいます。高城神社のほかにも赤城神社でも行われています。

 

熊谷市の妻沼地区がより一層にぎわいを見せるのがめぬま祭りです。神輿が地域内を練り歩き、地域の方による民謡や八木節が披露されます。また、さまざまな露店が出るので、小さなお子様から大人まで、多くの方が参加して楽しめるお祭りとなっています。お祭りのクライマックスには練り込み囃子と練り込み踊りが行われ、踊りを知らない方でも一緒に踊ってしまいそうな陽気な雰囲気が味わえます。

 

これらのイベントやお祭りのほかにも、出来島のあばれ神輿やとうろう流し、熊谷花火大会、熊谷えびす大商業祭などさまざまなイベントやお祭りがあるので、観光の際には、どんなイベントが開催されているのかチェックすることをオススメします。

 

熊谷でイベントを楽しんだ後には熊谷の風俗でも遊んでみたいという方には、熊谷のデリヘルはいかがでしょうか。熊谷のデリヘルは埼玉のデリヘルの中でもお店が多く女性の質も高いので、イベントや観光で訪れた方でも十分に満足出来ると思います。


風俗熊谷デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/


熊谷市の雄大な景色

熊谷市指定の名勝地として指定されている三尻観音山と龍仙寺は、平地が多い熊谷市の中で独立している山で、南側の開けた眺望は絶景です。標高約83メートルの場所に位置しており、周辺には松やナラ、クヌギなどの植物が生えており、一年を通してさまざまな植物を観賞することができます。熊谷市の町並みと自然が感じられるオススメスポットです。

 

埼玉県の指定天然記念物として指定されているムサシトミヨが生息する元荒川は、熊谷駅の側を流れている川で、水草が揺らめきながら住宅街を縫うように流れています。元荒川の水源近くには熊谷市ムサシトミヨ保護センターが建てられており、この場所でムサシトミヨの研究や保護活動が行われています。市役所に問い合わせれば、熊谷市ムサシトミヨ保護センター内にある展示室でムサシトミヨに会えるので、興味のある方はぜひ立ち寄ってみてください。

 

熊谷市の永井太田にある能護寺は、743年に開山し、弘法大師空海によって再建された寺と言われており、妻沼地区ではあじさいの寺として知られています。その名の通り、寺内には800株ものあじさいが植えられていて、満開の時期には圧巻の景色を見せてくれます。このあじさいを目当てに多くの市民や観光客が訪れます。鐘楼の鐘は1701年に作られたもので、市の文化財にも指定されており、現在でも大切に管理されています。本堂内は立ち入り禁止区域とされていますが、周囲には回路があり、その回路から見学ができます。


風俗の神奈川デリヘルスタイル

川崎 相模原 町田 厚木 大和 横浜 横須賀 小田原の、神奈川の優良風俗デリヘルを紹介!
www.fuzoku-kanagawa49.com/